JWTやOAuth、二つの認証の違い

ホーム WordPress REST API JWTやOAuth、二つの認証の違い
クラウドソーシング「ランサーズ」

JWT(JSON Web Token)とOAuthは、どちらも認証と認可に関する標準ですが、それぞれ異なる用途や目的があります。以下に、JWTとOAuthの違いを説明します。

JWT(JSON Web Token)

JWTは、クライアントとサーバー間で情報を安全に送信するためのコンパクトでURLセーフなトークンフォーマットです。主に認証に使用されます。

特徴

  • 構造:
    • JWTは3つの部分から構成されています:ヘッダー、ペイロード、署名。
    • これらの部分はドット(.)で区切られ、Base64でエンコードされています。
  • 使用方法:
    • 認証情報を含むトークンを生成し、それをクライアントに渡します。
    • クライアントはそのトークンをリクエストのヘッダーに含めてサーバーに送信します。
    • サーバーはトークンを検証し、ユーザーの認証状態を確認します。
  • 利点:
    • セッション管理が不要:トークン自体に情報が含まれているため、サーバー側でセッションを保持する必要がありません。
    • スケーラビリティ:分散システムでの使用に適しています。
  • :
    • 認証:ユーザーがログインすると、サーバーはJWTを生成してクライアントに返します。クライアントは後続のリクエストでこのトークンを使用して認証を行います。

OAuth(Open Authorization)

OAuthは、ユーザーのリソースへのアクセスを第三者に許可するためのフレームワークです。主に認可に使用されます。

特徴

  • 構造:
    • OAuthは複数のフロー(認証コードフロー、インプリシットフロー、パスワードクレデンシャルフロー、クライアントクレデンシャルフロー)を持ち、用途に応じて適切なフローを選択します。
  • 使用方法:
    • ユーザーは第三者アプリケーションに対して、自分のリソースにアクセスする権限を付与します。
    • サードパーティはアクセストークンを取得し、そのトークンを使用してリソースサーバーにアクセスします。
  • 利点:
    • セキュリティ:ユーザーのパスワードを共有せずに、第三者アプリケーションにアクセスを許可できます。
    • 柔軟性:複数のフローがあるため、さまざまなシナリオに対応できます。
  • :
    • サードパーティログイン:ユーザーがFacebookやGoogleでログインすると、OAuthを使用してサードパーティのアプリケーションがユーザーの情報にアクセスします。

比較

特徴 JWT OAuth
主な用途 認証(Authentication) 認可(Authorization)
データの形式 コンパクトなトークン(ヘッダー、ペイロード、署名) 多段階のフロー(認証コード、アクセストークンなど)
セッション管理 トークン自体に情報を含むため不要 サードパーティのアクセス許可に使用
使用ケース ユーザーログイン、APIの認証 サードパーティログイン、リソースアクセスの許可
セキュリティ トークンの署名と検証 トークンの発行とスコープ制御

実際の使用

  • JWT: 単純な認証システムや分散システムに適しています。例えば、ユーザーがログインしてアプリケーション内で認証を維持する場合。
  • OAuth: サードパーティのアプリケーションにリソースへのアクセスを許可する場合に適しています。例えば、外部のソーシャルログインやAPIアクセス。

さいごにまとめ

これらの技術を理解し、適切なシナリオで使用することで、セキュリティとユーザビリティを向上させることができます。その他の具体的な質問や実装について知りたいことがあれば教えてください。

Web制作のご依頼・ご相談など、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ